Image_IkumouShanpoo

育毛シャンプーの有効成分について

育毛シャンプーの有効成分について

育毛のためには、頭皮の環境を整えることが何より大事です。
それは、髪の基礎は頭皮環境であり、頭皮を健康にすることで髪の毛はイキイキと育つことが出来ます。
頭皮は身体の中でも、非常にデリケートな部分です。
顔の肌と同じように頭皮をケアしなければ髪は疲れていってしまいます。
そこで、頭皮に過度の負担をかけずに毛穴に詰まった皮脂や汚れをしっかりと洗浄して頭皮をやさしく保護する必要があります。
毛穴に汚れが詰まった状態だと、髪の成長を邪魔することになり、髪が栄養を取りにくい状態になります。
髪のためには、髪よりも頭皮環境を健やかに保つことが重要です。
植物も痩せた大地ではなかなか育ちにくいです。
痩せた大地を耕して肥沃な大地にすることで植物も立派に育つことが出来ます。
頭皮においても、頭皮という畑を耕して健康な状態にすることで、髪の毛はイキイキと育つことができます。
健康な頭皮環境を保つために育毛シャンプー等で保つ必要があります。
頭皮の毛穴に詰まった余分な皮脂、汗やホコリなどのよごれはもちろん落としにくいスタイリング剤を落として毛髪、頭皮を洗浄しフケやかゆみ防ぎ毛髪、頭皮を健康に保ちます。


育毛シャンプーに入っている主な成分ですが、まずグリチルリチン酸2Kです。
グリチルリチン酸2Kは、シベリア南部、中国西部や東ヨーロッパなどに多年草植物カンゾウ(甘草)の主要成分で、砂糖の50倍の甘味があるといわれる配糖体グリチルリチン由来のグリチルリチン酸のカリウム塩です。
次の有効成分は、ピロクトンオラミンです。
ピロクトンオラミンはフケを好む微生物の繁殖を抑えるとともに、頭皮の常在細菌等によって生じる皮脂分解物を抑えるなど、フケ発生の主要原因に作用して、フケ・カユミを防ぐ効果があります。
次に育毛シャンプーに入っている有効成分としては、サリチル酸があります。
サリチル酸はニキビの原因となる菌類を抑制して、古くなった角質を溶解するはたらきがあります。
また、脂溶性のため頭皮の皮脂になじみやすくて毛穴につまった皮脂や角栓を分解する作用があります。
フケが多いと、皮脂や汗からの分泌物が混じって、悪玉の細菌が繁殖しやすい環境を作ってしまいます。
フケがたまるとカユミがでて、頭皮に炎症や腫れを引き起こす場合もあります。
また、カユミから引っかいたりすると頭皮が木津つき、頭皮トラブルが起こりやすくなって今います。
フケがたまると頭皮にとっては良い状態ではありません。