Image_IkumouShanpoo

育毛シャンプーのデメリットとは

育毛シャンプーのデメリットとは

育毛シャンプーは毎日シャンプーをしながら発毛が出来るという事で最近はやっています。
色々なメーカーから発売されていますが、アミノ酸系のシャンプーが多いです。
頭皮や髪の毛はタンパク質から出来てますが、タンパク質はアミノ酸で構成されています。
同じアミノ酸なので、頭皮を優しくケアする事が出来ます。
育毛シャンプーのデメリットとして一番ネックになるのが高額という事です。
売れ筋のシャンプーを購入しようとすると5000円程します。
リンスやコンディショナーも一緒に購入しようとすると軽く1万円を超えてしまいます。
シャンプーは長く継続的に利用する事で効果が現れてきます。
直接的に頭皮に効くというよりは頭皮や髪の環境を整えて、育毛剤が浸透しやすくなるようにする為のものです。
高いシャンプーを購入して即効性が見られないという事ですぐ使用を止めてしまってはあまり意味がないです。
まずは比較的安いシャンプーを利用して効果がありそうな場合は、同じ成分が入っている高いシャンプーにシフトしていくという方法があります。
また、無料サンプルでお試し出来る商品も多数あります。
長期的な利用は難しいですが、洗髪後が気持ち良ければ自分に合っているシャンプーだと言えます。


育毛シャンプーのデメリットとしては洗浄力が強過ぎるので、髪がかさついたりする場合があります。
何も考えずにゴシゴシ擦ると逆に抜け毛や切れ毛の原因になり、育毛しているのに脱毛している事になります。
まずはシャンプーを手に取り泡立てる事が大切です。
シャンプーの泡が髪や頭皮の汚れを浮かせるので、十分泡立ててから頭全体に馴染ませます。
髪を洗う場合は爪を立てて頭皮を擦るのではなく、指の腹を使って頭皮を揉みあげるようにします。
この方法だとマッサージ効果がありますので、頭皮の血行促進も期待出来ます。
その後、シャワーを十分あてて、シャンプーや汚れをしっかり洗い流すと良いです。
そして、洗浄力が高いので何回もシャンプーすると逆に頭皮環境が崩れてしまいますので注意が必要です。
頭皮には多少の皮脂が必要で、皮脂があることで頭皮の乾燥を抑えたり、細菌の侵入から守る効果などがあります。
頭皮の洗い過ぎは禁物です。
育毛シャンプーは独特のニオイがする場合があります。
このニオイはコンディショナーなどを利用して、更なる毛髪環境ケアと香りつけをすると良いです。
自分に合っているシャンプーを利用しなければ逆効果になる場合もありますので、デメリットを理解した上で検討すると良いです。